健康食品なら「サプリメントを摂取する」へ!

サプリメントの有効な利用

最近よくサプリメントのCMや広告を目にすることが多くなってきました。1日1回は必ずどこかで目にしていると思います。健康を維持するためにサプリメントを用いて足りない栄養を補う事は当たり前のようになっています。健康志向の強いアメリカでは「オプティマム・ヘルス」といった健康観が広まっています。日本語では「至適な健康」といった意味を持ちますが、わかりやすく言うと「ベストな状態で健康を維持すること」となります。健康であるということは、単に病気ではないという状態ではなくて、積極的にライフスタイルを見直して自分にベストな体調・状態を維持していることをさしています。これまでは、健康の問題は、病気の早期発見や早期治療が中心でしたが、現在では予防医学の重要性が認識されるようになりました。そして、健康を維持して疾病を予防することが最も大切なこととして強調されています。個人のレベルで、健康を維持・増進して疾病を予防しようとするのが「オプティマム・ヘルス」です。「オプティマム・ヘルス」の実現には食生活と運動習慣のライフスタイルの改善が基本となります。また、サプリメントの有効な利用が重要は手段ともいえます。

サプリメントの発祥

一般にアメリカでは国民の健康管理意識が高く、各自が疾病予防に積極的に取り組んでいます。アメリカでは日本とは医療保険制度が異なっており、病気になると高度な医療費や保険料が必要となります。そのため、人々の最大の関心は、日頃からの健康維持にあるのです。近頃では、サプリメントを上手に利用して、体の状態を最適に保とうとする人々が増えているようです。アメリカでビタミン類の保険効果についての知識が一般に広まったのは、1970年代のことでした。ビタミン類を販売する店舗が増えてきたのも同時期ですが、当時はごく限られた人々が利用する程度でした。サプリメントの利用が急増したのは、1990年代のことです。1990年の栄養表示・教育法や1994年のダイエタリーサプリメント・健康・教育法(DSHEA)の制定によって、サプリメントが医薬品と食品との間で法的な位置づけを与えられたことがきっかけとなりました。DSHEAの制定以後は、ビタミン、ミネラル、ハーブについて認可されている成分であれば、比較的容易に製品化ができるようになったのです。さらにその後も、体の構造や機能への効果に関する健康強調表示についての規制緩和も行われつつあります。しかし、今現在のアメリカでは規制緩和が進んでいるため、サプリメントに関してさまざまな問題が生じています。そこで、DSHEAについても見直すべきだという声も上がってきているようです。一般に、疾病予防や生態の機能改善に関する栄養学の研究は、アメリカが世界をリードしていると言えます。アメリカではビタミン、ミネラルから植物の抗酸化成分にいたいるまでたくさんの研究が行われてきました。そして、サプリメントを利用した栄養学が科学的根拠に基ずく方法として確立し、専門家が活躍しています。消費者側も、サプリメントに関して有用な情報を得やすい環境になるのです。

Copyright(C) サプリメントを摂取する All Rights Reserved.